球根にはタイプが存在する|草取りで野菜や花を育てやすい環境にしよう|スクスク育成計画

草取りで野菜や花を育てやすい環境にしよう|スクスク育成計画

園芸

球根にはタイプが存在する

女性

根っ子の部分が丸いのが特徴的な球根化の植物ですが、育てやすい事と綺麗な花を咲かせる植物が多いことから人気が高い植物でもあります。球根とは、地下の部分が大きくなった器官の部分であり、水分や栄養を貯めこんでいるので大きくなっているのです。休眠期と生育期がハッキリと分かれている事も特徴であり、育成するのが難しくなっていりのであれば、一度休眠させてあげ、育ちやすい環境に移すことで成長や繁殖を始める事も出来る植物です。球根化の植物はスーパーなどで市販されており、バラ売りやセット売りされています。バラ売りされているのであれば、球根部分をダイレクトにチェックする事で、球根の良し悪しをチェックする事が出来るので、成長しやすい植物を見極める事が可能となります。表面に傷がついている物や、重さがなるべく重い物の方が成長する確立が高いです。よく観察して購入する事が成功率を高める秘訣なのです。

球根には5つのタイプがあります。球根の形などによってタイプ分けでき、得意とする環境が異なる事もあるので予備知識として理解しておくと良いでしょう。鱗茎は短縮して小さくなった葉っぱやその一部が重なりあって一つの形になるものです。玉ねぎの芯周りに皮がある状態と同じ原理です。玉ねぎやアマリリス、ヒアシンスやユリなどがこのタイプです。球型は短縮した茎の部分がおおきくなることによって卵のような形になるタイプです。乾燥した葉っぱなどが外側を包み込む事が多いです。グラジオラスやクロッカス、サトイモなどはこのタイプです。会計は短縮した茎が純粋に大きくなるタイプであり、球型と似ていますが、外側に皮がない事が大きな違いとなります。シクラメンやアネモネなどがこのタイプです。紺系は地下茎が全体的に大きくなり、棒状のように成長します。節の部分が目立ち、節の部分から新しい芽や根っ子が生えるタイプで、レンコンや鈴蘭がこのタイプとなっています。塊根は大きくなった根っ子の部分が塊状になるのが特徴で、ダリアやサツマイモがこのタイプです。それぞれの違いを知る事で最適な育成ができますので、知識を深めると効果的でしょう。