植え付けや置く場所に注意|草取りで野菜や花を育てやすい環境にしよう|スクスク育成計画

草取りで野菜や花を育てやすい環境にしよう|スクスク育成計画

園芸

植え付けや置く場所に注意

園芸用品

球根は初心者でも簡単に育てる事が出来るので人気が高いですが、受け方に気を付ける事で効果的に育成をする事が出来ます。植え付けをする時、成長するときのワクワク感、花が咲いた時の達成感の3つを時期ごとに味わう事が出来るのが楽しみ方のコツとなっているので、余すこと無く楽しむためにも最初の植え付けをしっかりとする必要があります。球根を植えこむ深さと間隔は特に注意が必要なポイントです。庭植えの場合はなるべく日が当たる場所をチョイスしましょう。また、水はけが良くなる場所を選ぶ事によって球根に適切な量の水を与える事が出来ます。深さの目安として、育てたい球根の三倍程の高さを掘って埋めると良いでしょう。適度な深さがある事でノーダメージで育成する事が出来ます。植え付けの間隔も球根の幅の三倍を保ちましょう。近すぎると成長の邪魔にもなりますし、花が咲く頃にはお互いがお互いの邪魔をする結果となってしまいます。

植え付け方法は場所によって少し異なります。庭に植え付ける場合は、日当たりと風通しが良い場所をチョイスしましょう。土の方も一工夫する必要があり、腐葉土や牛糞などの栄養価が高い土を普通の土をブレンドして良くかき混ぜます。暖効性肥料を選ぶと効果的であり、土をある程度柔らかくしてから植え付けましょう。硬いままだと根っ子が伸びにくくなるので、適度な硬さを維持しましょう。コンテナで植え付けをする場合、培養土などを利用して自分で土をブレンドすると効果的です。温厚性肥料を元に作ると良いでしょう。管理をする際のポイントとして、置く場所や水やりの方法に注意しましょう。水やりは土が乾いた状態になったら水をたくさん挙げましょう。冬場も同じ条件となっており、水のやりわすれを防ぐ事が大切です。置き場所は日当たりの良い場所を好むので、日当たりが良い場所に移動しましょう。一部の球根化は半日くらい日陰で育成しても問題ありません。受付方法などを厳選することによって球根化植物の育成パターンが異なるので注意して育てましょう。